子供に中学を受験させようと思った時、どんな方でも考えるのが塾の事だと思います。最近では、受験の為に塾に通わせるのが一般的になっていますよね。もちろん、塾に通っていなくても志望校に合格しているお子さんはたくさんいます。ただ、そのようなお子さんの親は、子供と一緒になって受験対策をしているのです。塾の良い点は、受験の為のテクニック、効率の良い学習方法、受験校の情報等が入手出来ると言う事です。これを自力で得ようとすると、子供の力だけではやはり不可能となっているんです。親が一緒になって子供の勉強カリキュラムを組み、テキストを読んで問題集を解き、疑問点を解消して行く事が最低でも必要となってきます。子供が自主的に勉強すると思ったんだったら、それは大間違いです。まだ小学生(学割がきくのが嬉しいですよね。携帯電話料金なんかも安くなったりします)ですから、親が付きっきりで勉強をみてあげる必要がありますね。また、自分の現在のレベルを確認する為にも模試は受けさせた方が良いですし、志望校の情報収集も必要不可欠でしょう。それだけの覚悟が親にあるのならば、塾は要らないかもしれません。塾は、入試から逆算したカリキュラムに基づいて勉強を進めてくれます。効率良く勉強出来るようなテクニックも教えてくれるでしょうし、周りにはライバルがいて子供本人にとってもいい刺激となるでしょう。その分、家庭では親がいちいち勉強の話をしなくても済むので、子供にとって安らぎの場となっているんです。塾が必須かどうかは、親の覚悟次第だと思います。まず最初に模試を受けさせ、子供のレベルをチェックしてみては如何でしょうかー